無病息災を祈ろう。平成29年「どんど焼き」1月14日(土)

どんど焼きチラシ

小正月の行事として日本各地で古くから行なわれている「どんど焼き」。当地では長い間「塞の神(さいのかみ)」と呼ばれてきました。

お正月の松飾りや書き初め、しめ縄、古いお札、お守り、破魔矢などを家々から持ち寄って焚きあげ、火にあたったりその熾(お)きで餅を焼くなどして1 年間の無病息災を願います。当日はお神酒や甘酒などが振る舞われ、毎年大勢の家族連れで賑わいます。

なお、焼く餅を準備できない方には会場で赤・白・緑3 色の餅3 個入を1 袋200 円(餅を焼く樫の木の枝付き)で、先着200 袋販売しますのでご利用下さい。