【重要】消防職員による住宅用の火災警報器の設置・点検状況の実態調査が行われます。10/18(月)~11/1(月)

コロナ禍で延期されていた牛久保町内会での消防職員による「住宅用火災警報器」の設置・点検状況等の実態調査10月18日(月)から11月1日(月)に行われます。

4月に掲示板や組長会議資料でお知らせした消防職員による「住宅用火災警報器」の設置・点検状況等の実態調査は、コロナ感染症に伴う緊急事態宣言等の発出で長らく延期されていましたが、「緊急事態宣言が解除されたので調査実施できることになったので協力して欲しい」と10月11日に消防署から再要請がありましたので、ご協力くださいますようお知らせします。

(1) 調査開始日 平成3年10月18日(月)から11月1日(月) ※2週間
(2) 実施方法
牛久保東町内会の区域からランダムに選んだ49世帯に消防職員が2名1組で訪問し調査を行います。玄関先で聞き取り調査を行いますので室内へは立ち入りません。また、訪問時職員は制服を着用し身分証明書を携行します。
なお、この調査は49世帯分の「調査票」が揃った時点で終了します。
(3) 調査内容
指定されている「調査票」(下記参照)により次の項目について聞き取り調査を行います。
なお、不在の場合は再訪問せず予め選定されている次の対象に移動します。
① 住宅区分 ② 設置状況 ③ 機器の経過年数 ④ 作動確認の実施状況 ⑤ 作動結果の確認